PBW『シルバーレイン』のキャラクター、黒霧兄妹・黒霧凛・来栖裕也&背後の雑記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
[スポンサー広告
現世と黄泉を結ぶ道
指摘などあれば頼む。朝にまた相談状況に応じて直す。

トンネルを抜けると…この場合、地縛霊に遭遇してしまえばあの世か。
条件からしてそう簡単に被害者が出ないとは思うが災いの種は潰すに限る。


持参
・腰に固定するライト
・アウトドア用の充電式投光機(リモコンでスイッチ)
・適当なレジ袋


旅館到着後、すぐにトンネルへ移動。
トンネル付近で土を袋に入れ、
中央部分まで来たら土を撒いて少しでも滑りづらいようにしておく。
また、投光機を壁を背にして戦場を照らし出すよう設置。

どこから出現しても対応出来るよう背中合わせに円状になって備える。

準備出来次第ライトを消灯。
クラクション(ラッパの音)が鳴ったら一拍ほど置いて点灯。
タイミングが早く、出現してないようであれば消灯して再挑戦。


【戦闘】
土砂は撒いたものの下手に動けば足を取られかねないので急な切り返しなどは避けるようにする。
移動の際には赦しの舞の範囲内に収まるよう。

俺は前衛。
黒影剣の攻撃に旋剣の構えでの回復が主。自己強化は行わない。

自己強化を伴う回復を最小限に抑える為、一人にダメージを蓄積させないように。
他が攻撃を受けていれば「こっちを無視するのか?」など気を引かせる。
自分が攻撃を受けていれば怪我が酷くなる前に一旦下がる。

回復はHPが半分を切るようになればやむを得ず。


【戦闘後】
戦闘後は温泉へと。
山道は歩き慣れないから疲れた。
すっかり身体も冷えただろうし、温泉の隅の方でのんびりと温まっていよう。
人が少ない温泉は落ち着く。




以上、ほぼ600文字。
アビリティの方は、黒影剣奥義12・4、旋剣の構え奥義4の予定だ。
腰に付けるライトのみアクセサリで付けて行く。
スポンサーサイト
comment:0  
[プレ
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。