PBW『シルバーレイン』のキャラクター、黒霧兄妹・黒霧凛・来栖裕也&背後の雑記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
[スポンサー広告
キャラ設定
設定はそれぞれある程度固まってるんですけど、文字で表すのがとても苦手ですorz
アンオフィばかりです。一部暗かったり。ご注意。

慎と裕也あたりは長くなるので詳細は追々小出しで。
なかなかに暗くて痛いので完全背後の自己満足です。
でもこのペースだとどうも銀雨終わるまでに出し切れるのかな?な感じですが。

でもってこれも実は不確定で設定考えていくうちに矛盾点があったら勝手に変えるかもです。
設定下手でしてorz

黒霧・慎(b26081)

クールを装っているが結構流されやすい。妹には弱いお兄ちゃん。裕也とは腐れ縁。

父が闇世界で仕事をしていた。
小学生の時に父に連れられ、試験に合格して共に仕事をするように。
同時に、感情が希薄になった。
能力者としての力を発揮し、組織内のそこいらの大人より遥かに成果を挙げていた。

父が仕事中に重傷を負い、おそらく助かる怪我ではないと判断。痛みに耐えて死ぬのを待つのならばいっそ、と父の希望で即死させる。
特に後悔(特段何か想いは浮かばなかったらしい)はないが、母やちはやには言いづらいな、とは感じていた。

殺害を母に告白。母はすぐに受け入れたが、ちはやには黙っているようにと言われた。
(ちはやが父の死を知ったのは母が死ぬ直前に彼女の口から。そして未だにちはやは父親の死の真相を知らない)

単独で任に当たっている時に銀誓館学園の人に入学を薦められて入ることになる。
組織の方には話が通り、脱退して入学に。

母に入学を報告し、数日後にちはやが住んでる部屋に飛んできて母の死を知る(報告の数日後に病死したらしい)

何だかんだでちはやに色々と助けられつつ今日に至る。

ICV:小野大輔


記念すべき(?)初キャラ。銀雨もPBWも。PBW経験はホントない背後です。それ以前にキャラになりきるのすら初めて。

クールなキャラを作るの好きなのでそんな感じに。おかげで発言しにくいけど。



黒霧・ちはや(b30709)

兄好きな典型的ブラコン。呼び方は『兄ぃ(あにぃ)』

いつも疲れたり怪我をして仕事から帰ってくる兄を見て、何も出来ない自分が歯がゆかった。
父と兄が家から出ている間、母の手ほどきで修行をして能力を得た。
(登録時のジョブは符術士×巫女でした。今なんかギンギンぶん投げしか他者回復がねぇ)
母が病に倒れ死ぬ間際に、父も死に、兄が銀誓館学園に入学していることを知る。
母のすすめでちはやも銀誓館学園に入学することとなる。
兄の居場所も聞き、母の最期を看取り兄の元へ。

適当にアパート住まい。でもちょくちょく慎の所に行ってる。
部屋の中には漫画やゲーム、同人誌他グッズが沢山。寝る時は抱き枕必須ですよ。エロイのとか隠す気が全くないので、一度慎が様子見に来たがすぐ引き返し、以降来てない。

アニメ漫画ゲーム好きなぬるヲタ。
絵を描いたり物語を作るのも好き。っつーか同人誌。バイトをコミマスに転職してからはいつも妄想をばら撒いている。

最初こそ、以前に兄ぃに戻ってもらいたいと願っていたが、
やっぱり兄ぃは兄ぃなので今のままでいいと思ってる。
それに、今の兄を否定したくはないから。

ICV:桃井はるこ


Leafの『鎖-クサリ-』で主人公の妹であるちはやに萌えたので衝動的に。
慎とは対照的な感じ。オタクなのは背後の投影。
慎のICVが小野大輔なのは主人公の声がこの人なので。エロゲーだから名前変えてますけどね!
ちはやのモモーイはヤローテメーぶっ殺ーす!なアニスがちょっと似合ってるかも?と思ったので。



黒霧・凛(b41925)

ごく普通の平凡な女の子。でも気魄が慎より高かったりする。設定と釣りあわないけど気にしない。

元々の本業ジョブは従属種ヴァンパイア。
怪我した貴種ヴァンパイアの少年を匿い、なりゆきで吸血儀式を受けて覚醒した。
夢見る乙女なのです。
銀誓館学園に入学出来て感謝。学校生活は楽しいらしい。

彼もきっと銀誓館学園に入学していると信じて。一言、礼を述べたいと思っている。

結局ヴァンパイアやめてしまったけど、貴種の彼への感謝の気持ちは薄まることなく。

ICV:能登麻美子



設定が短いのは、単にヴァンパイア騎士にはまってヴァンパイアキャラを作りたかっただけで作ったので。
あと平凡にしたかった。
相手キャラも貴種が来たら作る予定でしたが、また一から揃えるのはちょっとキツイので断念。でも裕也作ったからきっと作れたなぁ。作っても同背後恋人はやれる自信がなかったのでやっぱり作りません。



来栖・裕也(b52262)

軽めな男の子。だけど過去は最も暗い。内面はネガティブで、強がるヘタレ、他人への依存性が強く、最も脆くもある。

元々は黒髪黒目の一般人。双子の兄がいた。

2人で遊んでいる所を突然実験施設へと拉致されて、
そこで受けた注射(おそらく素質があれば強引に能力を覚醒させるような)によって
髪や目、肌までも色素が薄くなった。
兄はすぐに能力を我がものにしたが、裕也はなかなか能力を使えなかった。

実験施設では、人体には危険すぎて動物実験で行うようなことをされてきた。それ以外にも、単純に研究者の趣味で実験されたようなことも。
兄の能力が回復させるものだった(白燐奏甲)ので、その度に治癒されては実験のループの日々。

慎の協力で施設から抜け出せたのもあり、慎には感謝しているが、どうも複雑な面もあるらしい。

ICV:鈴木千尋



神秘系のキャラ欲しく何となく作ったのに一番銀雨ライフをエンジョーイしてるキャラになってビックリ。
今や(脳内)設定も一番凝ってるんじゃないですかね。痛い設定大好きです。幸せな分過去は苦しんで貰おうという気持ちがあったりする。
とりあえず背後的には嫉妬の念をぶつけたい。超ぶつけたい。
ICVは何となくルークの声が脳内再生されたので。



……とりあえずしばらくは4人で。新ジョブですんげー心惹かれるものがあれば衝動的に作りそうですけどね。
スポンサーサイト
comment:0  
[過去・設定
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。