PBW『シルバーレイン』のキャラクター、黒霧兄妹・黒霧凛・来栖裕也&背後の雑記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
[スポンサー広告
ある日の放課後、屋上にて。
kurogiri-42.jpg


…………俺ってさ。

何だ。

幸せになっていいのかなぁ……って。

今更何を言ってる。

……兄貴差し置いてさ。俺だけいいのかね。

お前が家に戻って、普通の暮らしをして普通の幸せを得ることを望んでいた。
逆に喜んでるんじゃないか。人並に恋愛出来ることに。
結構気にしてたみたいだからな、実験施設のこと。


慎の口から恋愛の言葉が出たことにビックリしたw
似合わねぇなー、ホント。


……悪かったな。

別にいいんだけどなー、過去のことはさ。
色々と痛かったりきつかったり……したけど、ま、過去は過去だし。
ったく、気にするくらいなら自力で何とかしてくれりゃ良かったのによ。


無理だろう。下手に動いたらお前が殺されるのを知っていたからな。
だから何も出来なかった。せめて、お前の傷を癒すことしか出来なかった。


ま、そのおかげで散々実験を繰り返されたけどな。傷と治癒の無限ループだったぜ、アレは。

…………。

や、だからあんま気にしてないっての。
あの時の俺は自分もう切り離してたし。俺だけど俺じゃねぇよ。
俺は人質だったんだろ。兄貴を縛る鎖が俺だった。
鎖がある限り、自由は得られず組織のいいように動かされてよ。
で、鎖を断ち切って解き放ったのは――慎だ。


縛っているモノも一緒にな。

……結構自虐的だよなぁ、慎って。

……そうか? お前には言われたくない。



裕也には双子の兄がいました。ホント実験施設辺りの話出したいけど妄想ばかり膨らんでく。
スポンサーサイト
comment:0  
[PC(+背後)
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。